それ行け県境君
神奈川特集







全国で唯一の県境跨ぎの電車区・東急田園都市線の長津田検車区です




今回は町田市民のマリーちゃんに登場してもらいました

何気ないゆるやかな坂ですが、ここが県境なんです

左側が長津田検車区の構内です




上下で側溝のデザインが違うのが分かるでしょうか?

上・鉄製 下・コンクリート

非常にマニアックなのですが、この間が県境になっています




側溝のデザインの違いです

左・横浜市 右・町田市




メラニーバイクの位置が県境です




かろうじて県境を示す小さな基準点を発見しました




鉄釘の横には住宅街があり、側溝を挟んで、左・町田市 右・横浜市です




この住宅街は横浜市の下水道が通っていて、町田市側の住民は、横浜の下水を共用します

横浜市民のメラニーあきらにお願いする、町田市民のマリーちゃんw




この町田市南成瀬に位置する、粗目の舗装に境目があります




メラニーあきらとマリーちゃんで、境目を検証しました

注意深く観察しないと、微妙な舗装の違いや、基準点が見付けられません




左・横浜市の主張 右・町田市の主張

両市で測量上の二重地帯が数cmありました




右・横浜市の起点基準点 左・町田市の起点基準点

何気ない田園風景の住宅地ですが、こんな場所に県境があるのは、全国的に珍しいです









横浜市青葉区から、町田市玉川学園に向かって走ってみます




青葉区奈良町のメインストリートは登り坂になっています

この登り坂の頂点が県境なので、ここは県境判断が分かり易いです




多摩丘陵の頂点に来ました。頂点を境にして、住居表示も変わっています




舗装で色分けされている場所もあれば、基準点で判断する場所もあります





メラニーあきらが横浜市側 マリーちゃんが町田市側です




白線の横浜市メラニーあきら・舗装で県境、マンホールは町田市のデザインです




メラニーあきら・神奈川 マリーちゃん・東京




この現場は歩道が神奈川で、車道が東京です




しかし、東京側は玉川大学のキャンパスで住宅はなく、神奈川側の住宅のために下水があります

神奈川は歩道だけなので、車道に越境した横浜市の下水が通っています




写真中央の白い基準点が県境w

後方のメラニーあきらは横浜にいて、前方のマリーちゃんは町田にいます




マリーちゃんの立ち位置には、越境した横浜市の基準点がありました

こんな感じで、県境も極めると、とてもマニアックな内容になります









長津田町の森村学園の横に、横浜市の標識があります

森村学園は横浜市内の中高一貫私立ですが、敷地の大半が東京町田に面しています

学校の最寄駅は「つくし野駅」(東京都町田市)です




学生さんがのんびり歩く通学路…メラニーあきらは、今日も県境探しです




ちょうどカーブミラーと横浜市標識の間に、県境線が走っていることが確認できました




こちらは国道246号線に走る面白い県境です




歩道側が東京都 国道側が神奈川県なのですが、必ずしも道に沿っていません




このマンションは町田市にありますが、歩道に神奈川の県境線が通ってしまっています

マンションの住民は町田で暮らしながら、住居の出入りは神奈川…

この一角のゴミは、町田市の収集車が越境して回収します




最初、東京都町田市は廃藩置県の時に、神奈川県に編入されました

その後、自由民権運動が激化し、政治的な理由によって、東京府に再編入された経緯があります

元々は同じ生活圏を持つ隣同士が、自由民権運動によって、泣き別れました

町田の先代がもう少しおとなしかったら、神奈川県のままだったのかもしれません

県境には歴史や文化があり、探索すると興味深いマニアックな事柄が学べます



それ行け県境君
神奈川特集